朝早く出かける日の地獄絵図

夜遅い生活が悪いのですが、朝早く起きるのがとても辛く起きられません。

よその人が朝5時6時に起床する、などと聞くと畏れ多い方だとひれ伏してしまいます。

どうしても夜に仕事をしたり、書き物をしたりするので、万事において用事がなだれ込んでしまいます。

朝早く上京するときなどはさらに地獄の様相で、前の晩から朝の仕事が軽くて済むように準備万端整えておきます。

まず、お茶はペットボトルの物にします。

手間がかかるのでお湯も沸かしません。

次に朝食用のグラノーラはすぐ取り出せるようにチルドルームに入れておきます。

手間を省くために、皿も逆さまにしてテーブルの上に並べておくのです。

お茶用のカップも同様です。

目覚まし時計をかけて、眠い目をこすり、必死に起き出しますが、雨戸が多いので日頃は開け閉めだけでも相当な時間を要します。

出かける日には必要最小限の部屋の雨戸しか開けません。

グラノーラ通販で買ったグラノーラでさっと朝食を済ませ、皿は洗わず、そのまま水を張った洗い桶に浸しておくだけです。

それから洗面所へ吹っ飛んで行き、入念に歯磨きをします。

どんなに忙しくとも歯磨きだけはしっかりと致します。

それからパパパッとお化粧をして、あらかじめコーディネートしておいた服をあわくって着込み、仏様に「行ってきますね」と挨拶してから家を飛び出すのです。

もちろんバッグの中身は前夜までに重々点検し、詰め込んでありますとも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です