子供の頃絵が得意でした

私は子供の頃から高校生くらいまで絵を描いていました。

本当に小さい頃はスケッチブックを持って道端に座り、その辺の車をスケッチしたり、動物図鑑を見て写真を絵に描いたりしていました。

絵さえ描いていれば大人しい子共だったと思います。

その頃は自分が上手いとは思っていなくてただ描くのが楽しかったのです。

大人になってからそんな絵を見ると我ながら上手だと思ってしまいます。

小学生になると漫画が好きになり、もっぱらイラストのような物を描いていました。

色付けもしましたね。

水彩絵の具で下絵に色を塗るのですが均等に塗るのが難しかったです。

中学の時に学校で描かされた絵はある神社を描くことになりました。

私は学校の時間だけでは足りず近くだったので自分で続きを描きに行くとクラスでも努力家の秀才が来ていたのには驚きました。

私は絵ならそんな事もしますが、他の事はしないのでやはり秀才と呼ばれる人は影で努力しているんだな、と感心したものです。

その時の絵は県で入賞して町の広報の表紙に使われました。

でも絵でそんなに栄誉を貰ったのはこれが最初で最後でしたね。

一時は漫画家になりたいと本気で思いましたが、絵を描くのは好きでもストーリーを作ったりするのは難しくいつの間にか諦めてしまいました。

仕事をするようになってから絵はとんと描いていないのですが、また暇になったらやりたいですね。

水彩画初心者として又、絵を描いてみたいと思っています。

やはり絵が好きなのでいつか又水彩画を初めてみたいと思います。